ウイルス予防のマスクに使うアロマ、どの希釈法がベスト?

マスクに精油、どう薄める?

新型コロナウイルスやインフルエンザなどのウイルス予防に、マスクに精油をつけて使う方が増えているようです。
しかし、精油原液をそのままマスクにつける方法は刺激が強すぎて危険。副作用も心配されます。。。(というお話を「花粉症」の動画で説明しました)

マスクに使うときは、精油を薄めてくださいね!

では、マスク用には、どのように精油を希釈するのがよいのでしょうか?

そこで実験☆

精油原液、エタノール、水、キャリアオイル(植物油)、アクアアロマ(乳化剤に希釈したもの)で比較実験してみました。

結果は、、、

1)やっぱり精油原液は強すぎ

2)キャリアオイル(マカダミアオイル)に精油を希釈したものがベスト:心地よく、皮膚刺激もなく、揮発しにくく長持ちする。

3)アクアアロマ(乳化剤で精油を乳化した水に溶ける精油)そのままもなかなかよかった。(でも精油濃度が高いので、勿体ないかも…)

4)エタノールに精油を希釈したものは、香り弱めで、時間が経つと揮発してしまう。

5)水にアクアアロマ(水溶性の精油)で希釈したものは香り弱すぎ。

 
この実験結果がご参考になれば幸いです~!

アクアアロマ(水溶性の精油)「リフレッシュ」

マカダミアオイル

イーコンセプションのピュア精油 

詳しくは、こちらの動画をご覧くださいね~!

***

***

★イーコンセプションYouTubeチャンネルはこちらから↓

役立つ情報をお届けしていますので、ぜひご登録くださいね☆

イーコンの動画 Youtube

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *