痛みにはアロマかクレイか?

「ジョイントケアバーム」と「クイックヒール」の違いについて、ご質問いただきました。 Q. 「どちらも鎮痛作用があるということですが、香りも似ていますね。どんな違いがあるのですか? また、どういうときにどっちを使うといいのですか?」 A.  この2品の違い、ひとことでいうと、アロマセラピー VS クレイセラピー です。 「ジョイントケアバーム」は福袋2020の目玉商品でした。スポーツや加齢による関節の痛みを鎮める、即効性のあるアロマアイテムを意図して精油濃度高めのバーム状に仕上げました。 精油を植物油に加えたアロマブレンド「ペインリリーフ(希釈タイプ)」もイーコンのロングラン人気商品ですが、バーム状のほうが長時間患部に留まるのと、塗るときに扱いやすい(お年寄りでも自分で手軽に塗れる)ことを考えて開発したものです。 「クイックヒール」は「ジョイントケアバーム」開発後、理学療法士との話し合いから「クレイセラピーの特性を生かして、誰にでも安全に使える、理学療法的なサポートとなるアイテムはできないか?」という問題意識から開発がはじまりました。 アロマを生かしたアイテムはいろいろあるけれど、精油が使えない人(皮膚刺激やアレルギーを起こしやすい人、てんかん持ちの方や妊娠・授乳中の方)もいますので、どなたにも安心して使えるもの、アロマの力ではなく(ほとんど禁忌のない)クレイの力で痛みをコントロールできるものを開発しました。 クレイには不思議なほど優れた鎮痛作用があるので、クレイ湿布を手作りすればいいのですが、手間もかかるし、ある程度クレイセラピーの知識が必要です。 そこで、クレイセラピーをご存知ない方でも手軽に使えるものを開発したいと考えました。 鎮痛作用を発揮するクレイペーストのレシピは分かっていましたが、クレイペーストは時間が経つと乾燥して固まってしまうという問題があるので、ちょうどよい粘性を保てるよう工夫しました。 どちらも同じ精油ブレンド(ペインリリーフ)を応用していますが、「ジョイントケアバーム」は精油濃度が高め(4%)なのに対して、「クイックヒール」の精油濃度はごくわずかで、ほんのり香りづけとしか考えていません。 実は、「クイックヒール」の抗炎症、鎮痛作用は、ほとんどクレイによるものなんです。 (とはいっても信じてくれない人も多いだろうから、アルニカと精油もちょっと入れた。笑) 「ジョイントケアバーム」はアロマの化学成分が作用するものですから即効性に優れ、急な怪我やギクッと来たときに使えます。家庭の救急箱に入れておきたいアイテムであり、スポーツするときはいつも持ち歩きたいアイテムです。 一方、「クイックヒール」のほうは慢性の症状、たとえば腱鞘炎とかテニス肘、アキレス腱の損傷のような治癒に時間がかかる症状のメンテに向いています。スポーツ後にお風呂に入ってゆっくりマッサージしたあと寝る前に塗る、といった感じで使っていただきたいアイテムです。 でも、「クイックヒール」にも即効性があるようで、「つけるやいなや痛みが消えた」という声をよく聞きます。 クレイのパワー、すごいですね!   オーストラリアの理学療法士のお墨付き「クイックヒール」、ただいまよく売れています。

Continue Reading 痛みにはアロマかクレイか?

からだの痛み:速攻で治すには?

痛みは体の異常を脳に伝達してくれる、貴重な情報。 必要だから、知らせてくれている。 とはいえ、痛みがあると、物理的な動きも限られるし、気持ちも落ちますね。 もう原因が分かっている痛みは、いちいちお知らせしてくれなくていいのですよね。 * では、痛みをどうやって封じるか? もちろん鎮痛薬を飲むという手もありますが、常用は避けたいところ。 やはり根本的に痛みの原因から治したいですよね。 * まずは、痛みの正体を考えてみましょう。 【イーコン動画】痛みのしくみと対策↓   体が緊急信号を神経を通じて脳に伝えると、白血球やリンパ球などの「修理屋さん」を患部に送るよう、脳が指令を出します。 そのため、患部はたくさんの「やる気満々な修理屋さん」に囲まれて、過剰供給状態。パンパンに膨れてしまうのです。 これが「炎症」。 限られたスペースに多すぎる修理屋さんが集まることで、熱をもって赤らんだり、膨らんでむくんだりもします。 この「炎症」が痛みをもたらすのですね! 集まりすぎた「修理屋さん」をなだめて、興奮を鎮めてあげれば、痛みは和らぎます。 * 抗炎症作用のある精油やハーブも有効ですが、ここで大きく期待できるのがクレイなんです。 クレイはそのユニークな分子構造ゆえに、物理的に吸着吸収する力があります。 クレイを使うことで、「張り切りすぎの修理屋さん」を吸着吸収してくれるんです。 このクレイの作用をうまく活用し、アロマセラピーの特徴も生かして相乗効果を狙いました。 精油はハーブはその化学的な特性によって炎症を抑えますが、 クレイは物理的に「吸い取っちゃう」のですね。 クレイセラピーって、すごい! * 今回、イーコンセプションではオーストラリアの理学療法士 ラザフォード先生に協力していただき、慢性痛に悩むクライアントさんにモニターをお願いしてきました。 理学療法士 ラザフォード先生   ここで対象とした痛みは、体の機能上 起きる物理的な原因による痛み。 (内臓から来る痛み、頭痛等は対象外と考えています) つまり、関節炎、腱鞘炎、筋肉痛、腰痛、膝痛など、特に腱のトラブルについて、その仕組みを考慮してレシピ開発しています。   半年に及ぶモニターテストの結果、(上記のようなケースにおいては)確実に痛みが抑えられることが分かりました。 そこで、満を持して販売開始!となりました。 ネーミングは「クイック・ヒール」Quick Heal なんといっても速攻で治っちゃうからね~。 【ただいまデビュー記念で 20%オフ中!】   *** モニターさんのレポートをご紹介しましょう。 ●ピーター(60代男性) 歩いているときに、突然アキレス腱に激痛を感じて、医者に行く。 捻挫ということで、痛み止めと湿布剤を処方されるが、2か月経っても痛みは治まらず、常にびっこを引いて歩いていた。 ところが、「クイックヒール」を一度塗っただけで、とたんに痛みがとれ、ふつうに歩けるようになった! 医者は信じてくれないが、本当に速攻で治ってしまった。 ●キャサリン(50代女性) ガーデニングで右腕が腱鞘炎になってしまった。…

Continue Reading からだの痛み:速攻で治すには?

加湿器にアロマを加えてウイルス予防

秋も深まって乾燥が気になる季節ですね。 加湿器を使い始める方も多いかと思います。 加湿器にアロマ(精油)を加えれば、精油の芳香成分がウイルスから守ってくれます。 加湿器が出す蒸気とともに揮発しやすい精油成分がお部屋に拡散され、空気中のウイルスを殺菌してくれます。 また、のどや呼吸器系の浄化・殺菌にもなりますね。 ただし、加湿器にアロマ(精油)を加えるには、注意点があります。 ***** 加湿器で蒸発させるのは水です。 ご存知のように、精油は水に溶けません。 水に滴下すると、油分のように上に浮かびます。 精油をそのまま加湿器の水タンクに滴下すると 芳香成分が水タンクのなかで偏在してしまいます。 精油が出てくるタイミングでいっきに濃厚な精油成分がお部屋に拡散され、 それ以外のほとんどのタイミングでは精油成分はほとんど含まれないただの水が出てくる、 という状況になるでしょう。 加湿器の仕様デザインにもよりますが、 最初のほうだけ精油がどっと出てくるか、 最後のほうだけ精油がどっと出てくるか。 その「どっと出てきたとき」は、有害レベルの濃度になっているかもしれません。。。 (特に、猫ちゃん、鳥さんのいるご家庭はご注意ください!) ***** この状況を解消するためには、 精油成分を水のなかに分散、つまり「乳化」させる必要があります。 こんなときに、安心してそのまま使えるのが、水溶性の「アクアアロマ」シリーズです。 (「消毒用ムーンウォッシュ」も水溶性なので使えます)   アクアアロマのなかでも 感染防止には、「リフレッシュ」や「ハーバル」が理想的ですが、その他のブレンドでもある程度の抗ウイルス作用はあります。 いつも同じ精油成分に触れていると アレルギーなどの副作用を起こす原因になります。 複数のブレンドをご用意のうえ、ときどき入れ替えてお使いください。 ***** アクアアロマを加える適量は、 精油濃度と、タンクの貯水量から計算します。 精油原液の濃度は、水に対して 0.1%程度で十分でしょう。 (ほーんのり香る程度ですが、抗ウイルス作用としては十分) アクアアロマの精油濃度は25%(「フローラル」のみ3%) 1Lの水に対して精油濃度0.1%にするには 精油1mlが必要ですから、 アクアアロマ 4ml分 アクアアロマのボトルは10ミリ入りなので、 目分量でだいたい半分弱 入れていただければOKです。 (きちんと計量しなくて大丈夫!) 加湿器のタンクの水が空になったら いったん、アクアアロマなしで水のみで使用する期間を設けてください。 精油をずーっと継続的に利用していると効果が落ちますし、副作用の原因にもなりかねないのでご注意くださいね。 また、猫ちゃん、鳥さんがいるお部屋では、精油はご利用にならないほうが安心です。

Continue Reading 加湿器にアロマを加えてウイルス予防

アロマウォーター☆2つの製法と活用法

アロマウォーターと一口にいっても、さまざまな製法、品質、種類があることをご存知でしょうか?   アロマウォーターは「ハーブウォーター」「フラワーウォーター」「ハイドロゾル」「芳香蒸留水」などとも呼ばれます。 もともとは、精油を蒸留抽出するときの副産物なのですが、精油に似て非なる特徴があります。   精油と同じ植物から抽出されるので、精油に似た香りになりますが、精油と異なるのは次の3点。 1)マイルド 芳香化学成分の含有率は0.01%といった低レベルなので、刺激性もなく、禁忌など気にせずに誰にでも気楽に扱えます。 2)親水性(水溶性) 水に溶けるので、そのままルームコロンやリネンスプレーや化粧水として使えます。 3)安価!!! 精油に比べたら各段に安い。特に高価なローズ、ネロリ、ジャスミン精油などは2ミリで1万円近くもするのに比べ、アロマウォーターは125mlで2000円しないのです。   イーコンセプションが扱うアロマウォーターは大きく分けて2種類あります。 ひとつは、昔ながらの伝統的な精油蒸留抽出によって得られた副産物としてのハイドロゾル。 なかでも、ローズウォーター(オーガニック)、ラベンダー(トゥルー)ウォーター(オーガニック)、ティートリーレモンウォーターは、副産物ではなく、アロマウォーターを抽出するために製造されたものなので、芳香成分が多く含まれ、また長持ちします。 そのほか、カモミールローマン&ジャーマン、ウィッチヘーゼルウォーターを扱っています。 ※ウィッチヘーゼルウォーターは、ハマメリスという植物から抽出されるのですが、非常に繊細な成分なので沸点を下げるためにアルコールを14%足して蒸留します。そのため、アルコール成分も含まれますが、ハマメリスのすばらしい香りがします。抗炎症作用に優れます。 ※カモミールローマンは、昔ながらのハイドロゾルと、新製法の蒸留水の2とおりを扱っています。ハイドロゾルのほうは劣化しやすいため保存剤が含まれますが、精油の香りとは少し異なる「甘酸っぱい青リンゴの香り」がします。   アロマウォーターを提供する難しさは、長持ちしないこと、なのですが、なかでもペパーミントやローズマリーなどは劣化しやすいのです。 保存剤を加えないと安心して提供できないので、この問題を解消するために、イーコンセプションではまったく新しい製法を導入しています。 それは、乳化剤を使わずに、特殊製法で物理的に精油成分をピュアな蒸留水に溶かし込んだもの。 商品ラベルに「〇〇蒸留水」と日本語で書かれたものは、この製法で作られたものです。 この方法なら、より精油の香りに近いアロマウォーターが出来上がるのと同時に、 劣化しにくい、長持ちしやすい、つまり保存剤を入れる必要がないアロマウォーターが提供できます。 新製法アロマウォーターは、 ネロリ蒸留水、カモミールローマン蒸留水、ティートリー蒸留水、ローズマリー蒸留水、ペパーミント蒸留水、ジャスミン蒸留水の6種類。     ☆アロマウォーターのpH値は、5.0~6.0程度の弱酸性。 (最近のロットを計測したもの。ロットによっても異なります) 人の皮膚は、弱酸性なので、お肌への刺激なく使えます。     そんなアロマウォーター、使わにゃ損損!! 使い方として、大きく分けて3つあります。 1)スキンケアに そのままで立派な化粧水になります。 水溶性(親水性)の保湿剤・・・たとえば、グリセリン、ビタミンB5パンテノールなどを加えるといいでしょう。 また、クリームやジェル基材に加えることもできます。 シャンプーやリンスに混ぜてもいいし、ヘアスプレー(ネロリ蒸留水、ローズマリー蒸留水がオススメ)としても優秀です。 クレイペーストを溶く水の代わりに使うと、アロマセラピー作用のあるクレイパックができます。 お風呂に入れると香りが薄まりすぎてしまうので、フットバスやハンドバスに加えてご利用ください。   ☆福島のオススメブレンド:ローズウォーター30ml 、ジャスミン蒸留水 30ml、ビタミンB5パンテノール 1プッシュ 化粧水として使います。  …

Continue Reading アロマウォーター☆2つの製法と活用法

かんたん手作りコスメNo.1☆若返りジェル☆

イーコンセプション自慢の歴史的人気No.1レシピ 「若返りジェル」 20年くらい前からご紹介している手作りコスメなんですが、これが20年経った今もずっと継続して手作りしてくださっているお客様がけっこういらっしゃるのです。 手作りコスメっていうと面倒くさいと思われるかもしれませんが、この「若返りジェル」に関してはほんとに簡単。 材料混ぜ混ぜするだけ。 失敗しようがないシンプルさ。 商品の容器を利用して、材料を追加していくだけで、手際よくあっという間に作れちゃいます♪ *** で、その美容効果がすごいのです! アーユルヴェーダのハーブを漬け込んだ「センテラオイル」は、皮膚のターンオーバーを促進するから、お肌がどんどん蘇る! 大豆から抽出された親水&親油性の両面をもつ「リポゾーム」は、皮膚バリアを超えて成分(特に水分)を皮膚内に浸透させるから保湿力と弾力が高まる! そのベースとなる「アロエジェル」は、皮膚を殺菌、強化させて、炎症も抑える! そして、最後に加えるスキンケア用精油ブレンド「成熟肌用ブレンド」は、ローズやネロリ、シスタスなどお肌を若返らせる高価な精油を贅沢に使った絶妙なブレンドなのです。   どおりで若返るわけだ!! *** 必要な材料は以下のとおり。 【レシピ】 アロエジェル:100g(商品サイズまるごと使用) リポゾーム:10ml(商品サイズまるごと使用) センテラオイル:10ml(リポゾームの空き容器で計量) 成熟肌用アロマブレンド:10~20滴 【作り方】 1)アロエジェル100gの容器に、リポゾームを全部入れます。 2)空になったリポゾームの瓶に、センテラオイルを肩まで注ぎ、それをアロエジェルに加えます。 3)成熟肌用アロマブレンドをお好みで10滴~20滴加えて、スプーンなどで混ぜるだけ♪ ※成熟肌用アロマブレンドはまずは10滴入れて香りを確認し、物足りないようならさらに追加してください。   ローションや化粧水で、お肌を整えた後にお使いくださいね。   ※今なら(期間限定)、「若返りジェルセット」10%オフです!   *** ★【イーコン動画】で分かりやすくご説明しております↓ 手作りコスメレシピ紹介その1☆若返りジェル     *** ★イーコンセプションのYouTubeチャンネルはこちらから↓ 役立つ情報をお届けしていますので、ぜひご登録くださいね☆

Continue Reading かんたん手作りコスメNo.1☆若返りジェル☆

紫外線対策☆サンスクリーン選びのポイント

紫外線が気になる季節、みなさんはどんな日焼け止めを使っていますか? SPF値の高い日焼け止めは、紫外線(UV)カット力はあっても、実はさまざまな副作用が懸念されているんです。 UVカット剤には、紫外線を吸収するタイプと散乱させるタイプがあるんですが、この吸収するタイプのUVカット剤というのは人工化合物で、接触皮膚炎、アレルギー、ホルモンかく乱などの問題点が指摘されています。 (また、吸収タイプは吸収力に限度があるので、UVカット力が持続しないという問題もあります…) * 一方、散乱させるタイプのUVカット剤には、二酸化チタン(酸化チタン)、酸化亜鉛があります。 この2つは地下から掘り出された鉱物。つまり、地球からの贈り物。 クレイにも多少含まれることがあります。(が、UVカット剤としては期待できない量です) 二酸化チタンと酸化亜鉛は昔から紫外線防止剤として使われてきたもので、安全性が確認されています。 ***** ただし、この2つ、ちょっと難しい面もあります。 1)紫外線防止効果を上げようと、たくさん入れると肌が白浮きする。 2)人工化合物(吸収タイプ)のUVカット剤ほどには、UVカット効果が出せない。   ですので、肌が白くなる程度と、UVカット力とのバランスで、「これくらいの白さなら許せる」というギリギリのラインを見つけ出すことが大切になってくるわけです。 ***** イーコンセプションでは、どんなにUVカット力があってもやっぱり人工化合物は使いたくないと考えて、安全性が確認された、二酸化チタン、酸化亜鉛のみを利用しています。   日常使いのためにご用意しているのは「ヒーリングベースクリーム」。   この上に「クレイリキッドファンデ―ション」を重ねていただく前提です。   しかし、夏のアウトドアを楽しむには、これだけでは不足かも。 あくまで、日常の通勤・通学・お買い物などにお使いいただければと思います。   *** 海や山で一日遊ぶには、もっとしっかりした日焼け止めが欲しい!   そこで、「サンスクリーン アウトドア」という商品を開発しました。   実は、オーストラリア上空はオゾン層の破壊が進んでいて、地上に到達する紫外線量は、日本の6~10倍と言われているんです。 オーストラリア在住の私たちが使えるものを!というニーズがあって開発された 「サンスクリーン アウトドア」   たしかに、これだけだと白くなりますが、よく伸ばしてから上に「クレイリキッドファンデ―ション」などを重ね塗りしていただければ、一段お肌のトーンが白くなる程度になると思います。   オイルベースなので、汗にも水にも強く、ウォータープルーフと言えます。 #日焼け止めはどれにでもいえることなんですが、使用中に多少落ちますので頻繁に塗ってくださいね。 * ※オーストラリア在住の方へ:「サンスクリーン アウトドア」をオーストラリアのビーチなどでお使いになる場合には、肌が真っ白になるくらい、あえて伸ばさずに濃厚に塗ってお使いください。 ほんとにあなどれません、オーストラリアの紫外線。 ***** そういうわけで、イーコンのサンスクリーン剤としては、 「ヒーリングベースクリーム」と「サンスクリーン アウトドア」の2アイテムをご用意しているんですが、 ご自分で、白さ加減とUVカット力の適切なラインを決めていただくこともできます。 * そうなんです、自然素材をつかって、自分の肌質に合う、好みのオリジナル日焼け止めクリーム☆ 意外とかんたんに作れちゃうんです♪   必要なのは、4アイテムだけ。…

Continue Reading 紫外線対策☆サンスクリーン選びのポイント

自然が一番パワフル!☆クレイハンドソープ

ご覧になりましたか? 「人工界面活性剤より、自然素材の石けんのほうがウイルス破壊力が高かった!」 っていう記事。 ***** かんたんに要約すると・・・ 市販のハンドソープ製品の主成分である合成系界面活性剤(ラウレス硫酸ナトリウム、LES)と比較して、 自然素材の石けん成分(オレイン酸カリウム)のほうが、ウイルス破壊力が高く、 その差はなんと、100倍~1000倍にもなる! ということです。 *** 合成界面活性剤よりも、自然の石けんのほうが手荒れさせにくい、 ってことも分かったそうですが、その点については経験的に知ってましたよね。 でも、ウイルス破壊力がそんなにあったとは・・・!!! *** ちなみに、オレイン酸カリウムを界面活性剤とする天然液体石けんといえば・・・ イーコンセプションの人気長寿アイテム、 カスティリア石けん=カスティルソープ!! オリーブオイルを原料とし、水酸化カリウムによってケン化された無添加液体石けんで、その天然の界面活性成分はまさしくオレイン酸カリウムなんですね!   ***** ★石けんがウイルスを破壊するカラクリは・・・? ご存知のように、インフルエンザウイルスもコロナウイルスもRNAの外側がエンベロープ=脂質二重膜で覆われているわけですが、 市販品のハンドソープも自然素材石けんも どちらも界面活性剤なので、 その脂質を破壊するという意味ではその作用は同等です。 ですが、合成界面活性剤と自然成分との違いは、その電荷にあったそう。 ***** ※先ほどの記事から引用します。 インフルエンザウイルスは、表面に突き出ている棘(スパイク)が正常細胞(肺胞細胞や気管支の細胞)に取りついて侵入(感染)します。 そのスパイクは、ヘマグルチニン(HA)とノイラミニダーゼ(NA)という2種のタンパクで構成されています。 これまでの研究で、インフルエンザウイルスの表面のHAタンパクは、プラスの電荷をもった部分があることがわかっていました。 一方、オレイン酸カリウム(C18:1)の親水基はマイナスの電荷を持っています。 そのため、そのマイナスがウイルスのHAのプラスに引き寄せられ取りついているのでは、と、考えたんです。 (中略) HAにとりつくのは、「疎水基」と「親水基」という化学的な反応ではなく、それよりもはるかに大きな力が働く電気的な相互作用(静電的相互作用)で説明できる。 ちなみに、この電気的な相互作用は、液体石けんに限らず、苛性ソーダでケン化させる固形石けんでも同じです。 そういう意味で、スクランピー石けんもウイルス破壊力抜群ってこと! ***** つまり、ウイルス表面に突き出たスパイクがプラスに帯電しているので、 マイナスに帯電している オレイン酸カリウムがウイルスのスパイクを引き寄せ、引っこ抜く! ・・・ ということはですよ、それって  クレイの作用と同じじゃーん! そうなんです、 クレイだって、分子表面がマイナスに帯電しているから、プラスに帯電したものを引き寄せ吸着吸収する! ってか、マイナス帯電パワーなら石けんに負けないくらいあるよね! ***** ・・・と気づいたイーコンセプション、さっそく 史上最強のウイルス破壊ソープを開発しちゃいました! カスティリア石けん+クレイ+アロマのトリプルパワー 『クレイハンドソープ』…

Continue Reading 自然が一番パワフル!☆クレイハンドソープ

クリーンハンドケアの持ち歩き方

ウイルス対策アイテムとして一番人気を誇る『クリーンハンドケア』 「見えない手袋」でヴェールのように手を覆うことで、手洗いと手洗いの間の手をウイルスから守ってくれる、というアイデアです。 このクリーンハンドケア、みつろうバームをベースにしております。 販売開始は3月、日本はだんだん暖かくなってきたので、4月から固めのレシピに変更しております。 それでも「持ち歩き中に漏れそう」というご報告をいただきましたので、ただいま更なるレシピ調整中です。 ***** 『クリーンハンドケア』既が既にお手元にあり、ご使用中のみなさまにご提案です。 持ち歩き中の漏れ防止対策: おうちを出る前まで、「冷凍庫」に入れておいてください。 バームは硬くなりますが、削るようにとると手の体温で溶けます。 お仕事先、お出かけ先でも冷蔵庫か冷凍庫に入れておけるといいですね。 そして、持ち歩きのときは念のためにビニール袋に入れていただくと、より安心です。 ***** とはいえ実は・・・ わたしく福島は、こんなふうにして持ち歩いておりました! 容器からほんの少しだけ取り分けて、ふつうの小さなビニール袋(チャック付き)に入れる。 これをポーチに入れておいて、気になるたびに このビニール袋に手を突っ込んで手に塗りたくる。 この方法なら気温があがってバームが溶けても漏れませんし、ほーんの少しでもけっこう長持ちします。 蓋の開け閉めの必要もなく、気軽にどこでも手を突っ込めるという意味でもお気に入りです。 ***** あまり深いこと考えていたわけではなく、 たまたま製造して容器充填した残りをビニール袋に入れて持ち帰ってきたのが始まりだったんですが。 今では、この方法が定着してしまいました。 コツとしては、ちょっと大きめのビニール袋のほうが使いやすいです。   ※注意点がひとつ: ビニールのチャックがきちんと閉まらなくなったら、ビニール袋を取り換えてくださいね! →なんですけどね、実際のところけっこう長持ちしています。わたし、今まで1回しか取り換えてない… コツは、ごくごく少量ずつビニール袋に入れることです。 ↑実際、持ち歩いている袋。こんなちょっぴりしか入れないの。出かける前に、毎回すこーし足します。   『クリーンハンドケア』開発の意図がわかる、動画「最強のウイルス予防法」はこちら *** ★イーコンセプションのYouTubeチャンネルはこちらから↓ 役立つ情報をお届けしていますので、ぜひご登録くださいね☆

Continue Reading クリーンハンドケアの持ち歩き方

おうちマッサージで免疫力&絆アップ!~2種類のマカダミア油

テレワークや休校などで、家族とおうちで過ごす時間が増えていませんか? 陽気のいい季節なのに、コロナ自粛で外出もしづらく、息苦しいですね。 そんなとき、おうちでファミリーマッサージはいかがでしょうか? ふだんはあまりやらないことかもしれませんが、こんなときだからこそ、家族メンバー同士、肌に触れあうマッサージ。 オイルを使えば、マッサージの手技を知らなくても、なんとなく気持ちよーくなります♪ 抗ウイルス作用のある精油を少し加えれば免疫力アップにもなるし、 夜寝る前に鎮静系の精油を加えて背中にやさしく塗ってあげると、睡眠の質もアップします。 ※マカダミアオイルなどのキャリアオイル(マッサージのベースとなる植物油)に精油を加える場合には、キャリアオイルの2.5%以下の濃度になるように精油を加えてくださいね。 【例】10ミリのキャリアオイルに対して、精油5滴まで。(精油1滴=0.05mlとして)   ご家族の絆を深めるにも、ぴったりじゃないかな?! * そんなわけで、イーコンセプションでは素人さんでも使えるマッサージ用オイルとして、 2種類のマカダミアオイルをご用意しました。 ★ひとつは、従来から扱っていた精製マカダミアオイル。 これがオーガニック認定をついに取得し、グレードアップしました。が、お値段据え置きとしました。 * ★もうひとつは、珍しい未精製(バージン)のマカダミアオイル。 バージンのほうがビタミンE,抗酸化物質などの含有量は高いのですが、 酸化しやすく、冬になると固まりやすくなるのが難点です。 でも、今の季節なら固まることなく、かんたんに酸化させることもなく、心地よく使えるでしょう! *** マカダミアの主成分はオレイン酸(オリーブオイルの主成分と同じ)で、これは悪玉コレステロール値を下げる働きがあります。 また、皮脂成分のうち1割を占めるパルミトレイン酸を20%前後含むので、お肌に自然に浸透してお肌だけじゃなくてからだ全体を健康にしてくれます! アトピーさん、敏感肌、乾燥肌、赤ちゃんからご年配の方まで安心してお使いいただけますよ! * この2種類のマカダミアオイル、その違いなど動画で説明していますので、ぜひ見てみてください。 ☆マカダミアオイル(オーガニック) ☆マカダミアオイル(バージン) *** 詳しくは、イーコン動画【おうちでマッサージ☆withマカダミアオイル】をご覧ください!   *** ★イーコンセプションのYouTubeチャンネルはこちらから↓ 役立つ情報をお届けしていますので、ぜひご登録くださいね☆

Continue Reading おうちマッサージで免疫力&絆アップ!~2種類のマカダミア油

ビジネスセミナーのご感想:自分=他者を大切に

ロックダウン中もなんとか営業継続しているイーコンですが、このところ、毎日がサバイバルです。 エキサイティングです。(笑) ほんとにいろんなことが起きます。 コロナだけじゃなくて、「このタイミングで、なんで~!」というような(爆)。 何度もギブアップしそうになり、何度も「冬眠(一時休業)」も検討しましたが、なんだかんだと抜け道を見つけてしまいます(笑)。 —– ビジネスはナマもの。 いつも変化に対応するのが当たり前。 いちいちアタフタせずに冷静に受けとめていると、天からアイデアが降ってきます。 そして、道を選んだら、あとは実行するだけ。 シンプルなことですね。 そのうち、ほんとに冬眠せざるをえなくなるかもしれませんが、そのときはそのとき。 *** 降参 *** するだけ。 —– そんな折、昨年10月に東京で開催した「ビジネスセミナー」にご参加くださったYさんから、ご感想のメールをいただきましたぁ! とっても大切な気づきをいただいたので、ご本人の了承を得て、みなさんとシェアさせていただきますね。 ****** > 10月に池袋でビジネス講座を受講しましたYと申します。 > > あの後、なんとなく送りそびれてしまい、今ごろになって感想をメールすることお許しください。 > > 少女時代に知ったポプリからハーブの魅力にとりつかれた私が、再びアロマセラピーで同様の熱狂を覚えたきっかけは、 > 約16年前に出会った福島さんの本とE-Conceptionのホームページでした。 > > 当時2歳だった長男の寝ている隙に、次男妊娠中の大きなお腹を抱えながら、 > 夢中になって記事を隅から隅まで繰り返し読んで感じていたドキドキを 10月の講座では思い出しました。 > > 当日、福島さんに、アロマセラピストを「天職だ」と言っていただけたこと、本当にうれしかったです。 > > そして受講後、ふいに、「これまでの仕事にかかわる人間関係」や、「今まで学んできたビジネスのマニュアル」の中から、 > “他者を大切にしていないもの”と、“自分が本当はやりたくないもの”を、手放していこうと思いました。 > 他者を大切にしていないものや人とは関わりをもたない。 > > 自分が本当はやりたくないことは、それが成功マニュアルに載っていることでもしない。 > > それは、仕事を始める前の昔の私は出来ていたことです。 >…

Continue Reading ビジネスセミナーのご感想:自分=他者を大切に