風邪ひきさんのアロマケア

中国で発症した新型コロナウイルスが世界にも感染しはじめ、日本でも感染者が出たそうです。 参考:BBCニュース 中国はこれから春節(チャイニーズ・ニューイヤ)を迎えて、移動する人が多いので、感染の広がりが心配されているとか。。 致死率はSARSほどではないようですが、場合によっては肺炎のような重篤な症状が出るようです。 空港の検疫も監視をはじめたようですが、個人レベルでもしっかり感染予防したいものです。 *** そんなニュースを知る前から、なぜか「風邪ウイルス対策」についての動画を準備していました。 風邪をひきやすい私が20年来試してきた、 「風邪ひいたかな?」から「絶賛かぜ中」の間に 使ってよかったナチュラルケア方法ベスト3をご紹介するものです。 その裏付けとなるリサーチ情報も交えつつ、使い方、作り方、注意点まで詳しく解説しています。 特に、殺菌力で有名なティートリー精油は、H1N1型インフルエンザウイルスを死滅させた実験結果等もありますので、上手に使えば有用です。 詳しくは、動画をご覧いただきたいのですが、 この動画では説明していない「おうちのなかの感染予防術」をご紹介しますね。 *** わたしの乳がん治療中、極端に免疫力が落ちることから「感染症には絶対絶命要注意!」の勢いで、家族を巻き込んで風邪&インフル完全予防していた時期があるんです。 このときは、風邪ひきやすい私がまったく風邪をひきませんでした。 娘たちが学校からもらってきたウイルスも、キャッチしなかった! つまり家族内感染を完全に避けられたのです。 このとき気を付けていたこと。 1)使用タオルを分ける。(私用のタオルには誰も触らせない) タオルだけじゃなく、歯ブラシはもちろん、歯を磨くコップまで分けていました。 2)家族全員、トイレや洗面所に行くたびに石けんで手を洗う。 滅菌タイプの洗剤は別の副作用がありますので(耐性菌を作ってしまう)、ふつうの石けんでしっかり洗えばOKです。 3)食べ物、飲み物をシェアしない。 食べかけのサンドイッチをシェアしたり、飲みかけの水筒やボトルをシェアするのもNG。もちろん、お箸やスプーン、ストローなども別にする。 4)アロマスプレーで、ドアノブなど家族がよく触るところを拭く。 家庭内でウイルス感染しやすいのは、ドアノブだそうです。 5)ハグやキスをしない。肉体的接触を避ける。 これ、超さみしいのです・・・(涙)。でも、背に腹は代えられないので、がまんしました。 *** ちょっと大げさかもしれませんが、 家族のだれかが感染してしまったとき、その人が完治するまで続けると、家族みんなが救われます。 特に、受験生のいるご家庭では、この時期だけでもトライする価値はあるかと思います。 *** こちらの動画は、「あれ?風邪かも?」という初期症状から、「絶賛かぜ中」のときに、風邪の症状を和らげてくれるナチュラルケアの方法を3つご紹介しています。 役に立ったと思ったら「高評価」と「チャンネル登録」、ぜひお願いします! (そうしていただけると、この情報が広がり、助かる人が増えます) *** 風邪ひきさんのアロマケア 1)ティートリー精油の内服方法 2)アロマパッチ(リンパ節につける精油濃度の高いアロマオイル) 3)北欧の免疫促進ナチュラルパワー:エルダーベリー おまけ:アロママスク実験の提案 【登場するアイテム】 ☆ティートリー精油  ☆ユーカリ精油  ☆スプリュース精油  ☆ホホバオイル  ☆福島のオススメ・セット …

Continue Reading 風邪ひきさんのアロマケア

ビジネスやらない人にも【ビジネスセミナー】

今回、初めての試み。 『ビジネスセミナー』 日本とオーストラリアでほぼ同じ内容のセミナーを開催しました。 —— * —— * —— 実は、このビジネスセミナーというアイデア、イーコンのIT担当 Mistyから提案されたものです。 最初は、 「え? な、なんで私がビジネスセミナー? 聞きたい人、いる? 教えるよーなこと、ある?」 と、全然ピンと来ませんでした。 だって、イーコンセプションにそんな価値があるとは思えなかったから。 しかーし、ちょっとやそっとじゃメゲないIT精神バリバリのMistyさん、それでもしつこくイーコンがどうやってビジネスをやってきたのか逐一質問してくるんです(笑)。 何百という会社のITを担当し、ビジネスの裏側をたくさん見てきたMistyだからこそ、分かっちゃうんですね。 イーコンがどれほどユニークなビジネスなのか。 (そういえば、税理士さんにも感心されます。。。) で、Mistyのツッコミ質問に答えているうちに、 「なるほど~、自分が当たり前だと思っていることは、他の誰かにとっては宝物だったり、貴重なヒントになったりするのだ」 ということに気づきました。(鈍い!) —— たしかに。。。 世の中の展開がどんどん早くなる昨今、ひとつのビジネスサイクルは短縮化し、同じ商売で10年続けば立派なものと言われます。 そんななか、海外で一人立ち上げたビジネスを20年継続させている(しかも利益を出し続けている)って、考えてみるとかなりすごいことなんですね(笑)。 もちろん、人によっても業界によっても商材によっても、成功手法は違うでしょうし、時代背景、そして「天の采配」というものもどうしたってありますから、私がイーコンを育てたのと同じ方法がうまくいくかどうかは分かりません。 ただ、Mistyに指摘されたポイントを深めて、あるいは広げていくと、ある程度の「ビジネス成功法則」は見えてきました。 特に、「魂のミッションに沿った、無理のないハッピーなビジネス」という目的を追求達成するためのコツなら、経験的にいろいろと知っている。 ただ儲けだけ出せばいいってもんじゃなくて、まずは自分がハッピーじゃなきゃ意味ないじゃん、という、ソコ! そうするためのヒントなら、いろいろある。 これなら、きっと役立つし、伝えられる・・・と思いました。 —— さらに、人によって もって生まれた性格、性質、課題、今生での使命ってものがあるでしょう。 そこは占星術を活用して、個別アドバイス。 驚くべきことに、ホロスコープから読めるような道は既に皆さん、それとなく選んで、あるいは選ぼうとしていらっしゃるのです! みなさんから送られてきた事前アンケートを拝見しながら、人間ってすごいなと感動してました。。 —— * —— * —— まずは、東京の部。 全国各地、遠くから足を運んできてくださって、ありがとうございました。 飛行機に乗ってきてくれたTさん、台風の被災地から開通したばかりの新幹線に乗ってきてくれたHさん、泣かせちゃったけどMちゃん(笑)。魅力的な参加者さんたち、とても全員は書ききれないけど、お会いできて、よかったです。 3時間という短い時間のなかで、関連するあらゆる要素をガンガン詰め込むセミナーなので、すぐに方向性がスッキリしたり、明日から儲けが出る、とかいうワケではないでしょう。 が、たくさんの情報エネルギーを降り注ぎましたので、そのなかから自分が必要とする要素を取り入れて、自分らしいハッピービジネスに展開していっていただけるのでは、と思います。 みなさんのその後の展開、ぜひお聞かせくださいね。 ——  そして、オーストラリアはレッドランドの部。 ビジネスセミナーinレッドランド…

Continue Reading ビジネスやらない人にも【ビジネスセミナー】

Finding Zeolite

モーリー温泉まで遠路はるばるやってきたのは、オーストラリアで採掘されるゼオライトを求めてのことでした。 ゼオライトといえば、3.11による放射能汚染を解決するべく、福島原子力発電所付近の除染に利用されている注目の鉱物です。 厳密にいうと、クレイではないのですが、クレイにとてもよく似た分子構造をしています。 クレイ特有の作用のうち、期待できないものもあるけれど、クレイにはないメリットもあります。 だから、クレイセラピーにうまく取り入れることで、より効果的な使い方ができるはず。 クレイセラピーの幅を広げてくれる【ご親戚アイテム】というわけです。

Continue Reading Finding Zeolite

オーストラリアにも温泉がある?!

先週は出張でした。 行先は・・・ 内陸。 広大なオーストラリア大陸ですが、人が住んでいるのは海岸線沿いがほとんど。 内陸に入るほどにワイルドな「アウトバック」と呼ばれる『野生の王国』になります。 誰もいない、人が住んでいない、ユーカリさえ生えていない、農業にも利用されていない広大な土地。 そんな「アウトバック」から採掘されるオーストラリア産クレイ。 だから、自然のまんま、ピュアそのもの。汚染されようがありません。 その採掘現場を訪問するために、レッドランドから西へと内陸に向けて走りました。 アウトバックとはいえ、いちおう舗装された道はあるのですが・・・ カーナビの画面をよく見ると・・・ 「135km先で左折」 つまり、135km先まで、ひたすら、まっすぐなわけです。 周りはご覧のとおり、な~んにもな~い。 運転していても、していなくても、眠くなります。。。 オーストラリア大陸のスケールの大きさを実感しますね。 5時間経過。 6時間経過。 夕暮れどきは、空がピンク色、オレンジ色に染まって、とてもキレイ。 なのですが、そんな美しさに見とれていると・・・ グギャッ!! と、異様な音。 なにごとか?と、目をこすると、 カンガルーなんです。 もちろん野生。しかも、身長2メートルくらいある大きいやつ。 先方さんから激突してきて、ボンネットの上を跳び、そのまま元気に跳ねて茂みへと消えました。 カンガルーに「当て逃げ」されたマイカーは、ボンネットが凹みました(涙)。 ******* ようやく到着したのは、モーリー温泉。 そう、オーストラリアにもいくつか温泉があるのですよ! 何百キロも内陸に入れば。。。 モーリー温泉は、イー・コンセプションがあるレッドランドから、一番近い温泉です。 今まで数回はキャンピングカーで通いましたが、今回はお仕事!出張です!(エッヘン) 最近増築されたらしいモーテルにチェックインすると、これまた最近改装オープンされたらしい、巨大な温泉プールを案内されました。 いや、ほんと、デカッ!! 母校の体育館の10倍はありそうな巨大ホールの隅っこに、こんな大きな室内プールがありまして。 25mプールなんです。でも、ちゃんと温泉なんです。ジャグジーも付いているんです。 なのに、誰もいない!! 温泉プールを占拠して、ゆっくり温まった翌日は、いよいよお仕事です。 (つづく) ********* ★ピュアでパワフルな、オーストラリア産クレイはこちら。

Continue Reading オーストラリアにも温泉がある?!

洗濯マグちゃん★メンテ実験

洗濯マグちゃん、みなさん使ってますか~?! とっても便利な優れものですよね。 洗濯機に放り込むだけで、洗浄力のある水に変身して、洗剤を使わなくてもお洗濯ものがキレイになるという、ナチュラル・マジック! 大手自動車メーカーさんからの無理な注文に耐えるより、持っている素材をつかって独自の商品を作ったほうがいい!と考えた、元・下請け工場の社長さん、賢い☆彡 自動車部品として使われるマグネシウムを、お洗濯に利用することで、洗剤の量を減らし、環境にも悪影響を与えないエコ商品を開発してくださいました。 ありがたいですねーー!! 洗濯マグちゃん、そのカラクリは・・・? マグネシウムは水と反応すると、水酸化マグネシウムと水素になります。 みんなの大好きな(笑)化学反応式で説明してみましょう。 Mg + 2H2O → Mg(OH)2  + H2 マグネシウム + 水  → 水酸化マグネシウム + 水素 水酸化マグネシウムは水に溶けますから、洗濯槽のお水がアルカリ性に傾きます。 そして水素がガス(気体)として放出されます。 アルカリ性の成分は乳化剤の役割を果たしてくれるので、油性の汚れを服から離れやすくしてくれます。 また、ニオイの元、絡酸や硫黄成分をひきつけ化学反応を起こして、不快なニオイも除去してくれるんだと思います。 マグちゃんパワー、落ちてませんか? ところが、この洗濯マグちゃん、しばらく使っていると次第に、お洗濯効果、除臭効果が落ちてきますね。 「あれ?なんか効いてないぞ?」って気づかれると思います。 なぜか?というと、純粋なマグネシウムは酸素に触れることで化学反応を起こし、酸化マグネシウムに変わるからです。 #酸化マグネシウム、クレイにも含まれますね~。 2Mg + O2  → 2MgO マグネシウム+酸素 → 酸化マグネシウム  酸化マグネシウムは、白い結晶です。 マグネシウムの表面が酸化して、結晶がこびりついた状態になるのです。 ※半年ほど使った洗濯マグちゃんの中身=マグネシウム玉を袋から取り出してみたら、こんなに真っ白しろでした! マグちゃんパワー、リセット! 酸化マグネシウムを除去する方法は・・・? そこで、この酸化してしまったマグネシウムをお掃除(除去)する方法を考え、実験してみました! 理論的には・・・ 結晶化した酸化マグネシウムに、酸性のものが触れれば、化学反応を起こして水溶性の酢酸マグネシウム等に変化するから、洗い流すことができるはず。 うちのキッチンにあるお酢(ホワイトビネガー)を希釈せずに原液のまま使い、白いマグネシウム玉をお酢に浸してみました。 MgO + CH3COOH → Mg(CH3COO) 2 + H2O 酸化マグネシウム +  酢     →   酢酸マグネシウム   +  水  …

Continue Reading 洗濯マグちゃん★メンテ実験

ヘルシー・マジック ~ピンクのお塩(マレーリバー・ソルト)のナチュラルパワー

みなさんは、おうちのお料理や食卓に、どんなお塩をお使いですか?   「食塩」として販売されているお塩は、高度に精製されていて、99.9%以上が塩化ナトリウムです。 お値段はお手頃ですが、こればかりを使っていると、塩気を感じる味覚が鈍化して、塩分取りすぎになる可能性があります。。。 これに引き換え、天然のお塩にはミネラル分が含まれるので、よりヘルシーだと言われます。 もちろん、主成分が塩化ナトリウムであることには変わりありませんから、摂りすぎはいけません。 ですが、ミネラル分豊富な天然のお塩には明らかにいくつかのメリットがあります。   1)不足しがちなミネラル分が摂取できる! 天然のお塩には、塩化ナトリウム以外に、さまざまなミネラル分が含まれます。 特に、マグネシウム成分は「にがり」と呼ばれ、現代人に不足する必須ミネラル・ナンバーワン! そのほか、カルシウム、カリウム、鉄など、不足しがちな必須ミネラルが含まれています。   2)味がまろやかで、美味しい! 塩化ナトリウムばかりの精製された食塩は、舌に乗せると、シャープな塩気、塩からさを感じます。 ところが、天然のお塩は、その刺激がまろやかなのです。 さらに、「こく」や「まろみ」「うまみ」など、より洗練された味がするので、美味しく感じます。 そして、塩気以外の微妙な味を味わうことで、味覚が磨かれます。   3)素材の味を引き出してくれる! 複雑なミネラル分構成のせいか、単なる塩味ではないため、素材そのものの味を引き立たせてくれます。 野菜、お魚、お肉など、どんな素材にも合います。 味付けはお塩のみでもOKなくらい、シンプルにおいしくいただけるのです。   ※ソースやケチャップ、ドレッシング、たれなどの市販調味料に含まれる「隠れ砂糖」の健康被害が深刻化しています。 市販の調味料はなるべく使わず、シンプルな味付けで美味しくいただけることが、長期的な健康にもつながります。   ▼天然のお塩、どれがいいの? いまどきは自然塩、天然塩と称した商品がたくさん出回っていて、どれがいいのかよく分からなくなります。 昔ながらの製法で丁寧に塩田から釜焼きで取り出されたお塩もいいでしょうし、ヒマラヤ岩塩も有名なところでしょう。 しかし、いくら職人さんがこだわって丁寧に精製しても、海水そのものが汚染されていたら・・・   ヒマラヤ岩塩はパキスタンの鉱山からブルドーザーのような大型機で削って取り出されるものです。 砂、石など異物が混じりやすいため、塩だけを分けるために精製されます。 地元では環境破壊の問題も心配されていますし、二酸化炭素排出など地球温暖化にもマイナスの影響がありそう。   そういう次第で、イー・コンセプションでは「マレーリバー・ソルト」をご紹介しています。 オーストラリアの「マレー川」河岸底に流れる天然の塩水から、天日干しによって結晶化したものです。 広大な土地にわずかな人口しかないオーストラリアのアウトバック(奥地)ですから、汚染のされようがありません。 ピュアな環境で、地球が作り出したミネラルたっぷりのお塩なのです。   今までいろいろな天然塩を試しましたが、マレーリバー・ソルトはどのお塩よりも味がまろやか。 仕上げにちょこっと加えるだけで、高級レストランの上品な味に変身します。   たとえば・・・ 生野菜にパラパラかけるだけで、おいしいサラダに早代わり。 お好みで、オリーブオイルや亜麻仁油(オメガ3たっぷり)をかけたり、レモンを絞ってもGood。 美味しくて、やめられない、とまらない。 義務感からではなく(笑)、美味しくてついつい食べてしまうのです。 山盛りの生野菜サラダ、めっちゃヘルシー♪…

Continue Reading ヘルシー・マジック ~ピンクのお塩(マレーリバー・ソルト)のナチュラルパワー

ネイチャー・ワンダーランドの旅

ゴールデンウィーク、みなさんいかがお過ごしですか? もうすぐ平成から令和へと年号が切り替わりますね。 私たち福島ファミリーはこの切替タイミングのちょっと前に、家族旅行に行ってきました。 行き先は、ネイチャー・ワンダーランド=ニュージーランド! オーストラリアからだと飛行機で3時間程度と近いのですが、私以外の家族は行ったことがなかったのです。 私にとっては、遠い昔、バブリー時代に「海外出張」という名目でめっちゃ楽しませてもらった思い出と、その後、国際結婚前に両親を連れてのドライブ旅行で大変だった思い出の2つが交錯する国です。 (両親連れての旅は、プランからツアコン、ドライバー、ナビ、通訳まで一人で背負い込むので、けっこう疲れました・・・) ツインガールズは18歳、親よりボーイフレンドと過ごしたい年頃。 「きっとこれが最後の家族4人旅行になるね」ということで、ボーイフレンドを置いてけぼりにして、決行いたしました(笑)。 ガールズの大学の講義のあいまを縫ってのスケジュールなので、10日間と短めです。 北島ではキャンピングカーで気ままに温泉めぐりです。 予約するのが遅かったので、ゲットできたのは、こんな小さなキャンピングカー。 なんと、トヨタ・ハイエースだよ。 キッチン付きで、大人4人寝られるのですが、超せまい! さらに、外は寒いから、夜は出たくない! 家族4人がお互いに気配りしながら、狭い空間で過ごしたのも、いい思い出になりました。   北島は地熱ワンダーランド。 「ここ掘れワンワン」で、砂を掘ったら温泉が出てくるビーチとか、 「どうしたら、こんな色になるの?」という自然池とか、 温泉と混ざって、いい湯加減の川とか、 洗剤入れると噴出する間欠泉とか、 湯気モコモコあげてるところが、あちこちにあります。 「マッドバス(泥風呂)」って書いてある、「やった~、天然クレイバスに入れるんだ~!」と喜んでいったら、ボコボコに沸騰してました(爆)。 仕方なく、クレイバスに入れるスパ(?)施設を見つけたのですが、 入場料は高いわ、 クレイは若いスメクタイト系で刺激強すぎだわ、 硫黄の含有量高すぎて目が開けられないわ、 ・・・で、クレイセラピストとしましては、かなりガッカリでした(笑) その後、山間のひなびた温泉キャンピング場、みたいなところを見つけましたが、そこのお湯はすばらしかったです。 25メートルプールから、岩庭園みたいにデザインされた日本の露天風呂ばりの立派なお風呂まで、たくさんのプール(お風呂)があって、温度も38度から40度を超えます。 (海外の温泉ってたいていぬるすぎなのですが、40度超えてくれるとうれしい。日本人好みですね) ここは湧き出る湯量が豊富すぎて、「源泉かけ流し」は当たり前。そのうえ、毎日すべてのお湯を排水して、イチから溜めなおすのだそう。 なんて贅沢な! 温泉ハシゴで忙しく、温泉の写真が一枚もないのですが、ココは本当におすすめでした。 (ただし宿泊施設はキャンピングカー用のサイトがちょっとあるだけ) このあたりは、地球の地殻が薄いそうで、マグマとの距離が近いから、ボコボコだったりモクモクだったりポカポカだったりするようです。 移動中にはこんな美しい風景も。 オーストラリアも自然パワフルで美しいけど、ニュージーランドの自然はまた味が違いますね。 透明感あふれる繊細な自然。   こんな絶叫系アクティビティも楽しみました♪ さんざん温泉入りまくって、最後のほうは「おなかいっぱい」 さらに、狭い空間に4人が暮らすキャンピングカーも、ストレスが溜まってきたところで、 飛行機で南島に移動。 南島では広くてすてきな一軒家に泊まり、氷河やフィヨルド・クルーズなど、いかにも観光ルートを楽しみました。 このあたりの湖って、みんなこんな感じで、緑がかったターコイズ色をしています。 氷河で削られた岩の粉が水に浮遊して、太陽光に反射するためだそうです。 自然って、不思議ですね~。 最終日は、フィヨルド・クルーズへ。…

Continue Reading ネイチャー・ワンダーランドの旅

森の妖精、ほんとにいる?

大自然に囲まれたレッドランドですが、ここから1時間ほどドライブしたところに、亜熱帯雨林地帯があります。 世界遺産にも指定されたレインフォレストで、東京都まるごと入ってしまうくらいのスケールの大きさ。 この森には、いくつかのウォーキング・トラック(山道ルート)があり、30分ほどのお試しコースから、長いものだと2泊3日の本格派コースまであります。 福島ファミリーは、双子の子どもたちが5歳の頃から、この森歩きにめちゃくちゃハマり、一時は毎週のように森に通って、一日10~20キロくらい歩きまくっていました。 ティーネージャーになると、さすがに娘たちは行きたがらなくなりましたが、最近また、森歩き熱が再燃しつつあります。 昨日は、久しぶりに雨が降り、歩きはじめは霧雨。レインフォレストが喜んでいます。 そのうち雨がやんで霧があがり、太陽が顔を出すと、水にぬれた森が光を浴びて、とってもキレイに輝きます。 今回は、沢わたりをしながら、沢沿いに滝を見て歩くコースでした。 ちょうど雨が降ったあとだったので、滝がまた美しくて。 そして、鮮やかなブルーのザリガニさんがお迎え。 まるで、バルタン星人。 怒って(ビビって?)一生懸命、威嚇する姿がまた、かわいい。   18Kmコースを5時間かけて歩きました。 最後のほうは、さすがに足が疲れたけど、ヒトにはめったに会わない森の奥の奥に入ると、森の息づかいが直接感じられて、心が洗われるんです。 自然のエネルギーに包まれて、魂が安心して裸になれるような。 森の精が人間界のあれこれを浄化してくれるみたいな。 大木の声が聞こえてくるような。 自然はウソをつかないし、ジャッジしたりしません。 ほんとに自由になれます。 ・・・この感覚にハマってしまって、また行きたくなるのです。   そして、昨日はオーブさんが写真に写ってくれました。 オーブというのは、森の精、自然エネルギー体のようなものだと思っています。 森の奥のほうでしか出てきてくれません。 よく写ってくれる場所にいっても、いつも出てきてくれるとは限らない。 昨日は、オーブさん、とびきり大サービスしてくれました。 (※もちろん画像加工などしていません。撮れたまんま)   おそらくは、光の反射でこのように見える、写真に写るのだろうと思います。 科学的には「バックスキャッター(後方散乱)」と呼ぶものらしいですが、バックスキャッターが起こるのは、水滴なりホコリなり、なんらかの目には見えにくい物体が光によって反射するからです。 もしかしたらカメラのレンズの汚れかもしれない、水滴かもしれない、と思ったりもしましたが、いつも同じ場所に写るわけではない。 森にいる(ある)、なんらかのエネルギー体が光に反射して、写しだされるものだろうと思います。 ここでシャッターを切ると、出てきてくれそうな気がするときもあれば、思いがけず写ってくれることもあります。 ↓右上の写真の青いオーブを拡大した画像です。 ね、なにか、いますよね?

Continue Reading 森の妖精、ほんとにいる?