How we made dry skins

私たちは日々、お肌を洗いすぎています。 界面活性剤が自然な皮脂まで取り除いてしまうために、皮脂バランスが崩れ、お肌が乾燥し、老化が早まってしまうのです。 (逆にオイリー肌になってしまう場合もあります)

Continue Reading How we made dry skins

クレイでウイルス予防!

イーコンのコロナ対策として、アロマセラピーを活用する方法をお伝えしてきました。 ★抗ウイルス精油ブレンド『シナモンパワー』 ★手洗いの間の手の保護に『クリーンハンドケア』 ★マスクなどの消毒に『消毒用マスクスプレー』(マスク付き!) これらの提案は、科学リサーチに裏付けされた信頼性のおける方法です。 しかし、アロマセラピーは継続使用することによる皮膚刺激などの副作用も心配ですし、 猫ちゃんや、赤ちゃんがいるご家庭では精油の使用に気を付けなければなりません。   それでは、 クレイセラピーを活用してウイルス対策できないのか? クレイに「殺菌力」はないのですが、 クレイの吸着吸収作用を利用して、 ウイルスを捕獲し、閉じ込めることで「無力化」し、「除去」することは可能なんです。 しかし、もっとも吸着吸収作用の強いスメクタイト系のクレイであっても、クレイ単独で「無力化」する力はさほど強くないようです。。。   そこで・・・ 過去の研究リサーチを調べたところ、ウルトラC が見つかりました!   1984年 ノースカロライナ大学の研究 により、 塩化マグネシウム+特殊なベントナイトにより、ポリオウイルスが除去されることが証明されています。 リサーチによると、ベントナイトのみだと12%くらいしか除菌できなかったのですが、塩化マグネシウム(濃度0.5%)を加えることで99%以上の菌が除去できたそうです! ※ポリオウイルスとコロナウイルスは異なりますが、似ているウイルスなのだそう。 どちらも 「一本鎖プラス鎖RNAウイルス」 というウイルスグループに属するのだそうです。 ※クレイの表面はマイナスの帯電しているので、プラスに帯電しているウイルスを引き寄せやすいのかもしれません。   このとき使われたベントナイトは特殊なもので、アメリカのワイオミング州で産出される  カルシウム・ベントナイト! イーコンセプションではフランス産のカルシウムベントナイトクレイを既に販売していますが、これでも代用できるのかもしれません。 でも、少しでもベターな結果につながれば・・・と、 ワイオミング産のカルシウム・ベントナイトを取り寄せました! このクレイは、ワインの浄化に使われる食品グレードなので、口に入れても安心です。   そして、このクレイと塩化マグネシウムを砕いてブレンドし、 【抗菌】クレイソルト として発売いたしました! 【使い方】 250mlの33℃程度のぬるめのお湯に「【抗菌】クレイソルト 小さじ半分」を加えてよく混ぜてお使いください。 (鼻うがいに使わない場合は、水でも構いません) 鼻洗浄、喉うがい、洗顔にご利用ください。(目には使用しないでください。) 温度と濃度が正しければ、鼻の奥まで入れても快適です。 ※ネティポットはこちらでお買い求めいただけます。 「鼻うがいなんて、いやだな」と思う方もいらっしゃると思いますが、ウイルスが付着するのは鼻と喉の粘膜なんです。 ガラガラうがいだけよりも、鼻うがいしたほうが絶対いい! 鼻うがいの仕方は、こちらの動画【花粉症を予防する自然療法】をご覧ください。 痛くないどころか、心地よい方法を詳しく説明しています。 ***** もうひとつ、お風呂に入るだけでウイルス除菌できる…

Continue Reading クレイでウイルス予防!

体臭が気になる人必見!かんたんで効果的な体臭対策

気になる体臭、みなさんはどうしていますか? 体臭の主な原因、そして意外な役割。 体臭対策にぴったりの方法と、その理論的裏付けをご紹介しています。 体臭が気になる方はぜひお試しください。 ☆オーストラリア産イエロークレイ ☆ゼオライトシルバー

Continue Reading 体臭が気になる人必見!かんたんで効果的な体臭対策

クレイセラピー最先端

今年もICA国際クレイセラピー協会さん主催の クレイセラピー・セミナーが行われました。 ICA理事は数年前に引退しておりますが、その後も年に1回ほど、私、福島麻紀子がセミナー講師を勤めさせていただいております。 ――――― 第一部では「新種のクレイ タイプ別活用方法」と題して、クレイセラピーを勉強する人にとって知っておきたい実践的な内容をお届けしました。 オーストラリア産のクレイを中心とする、新しいクレイの特徴、分析データを使いながら、どのようにレシピを組み立てていけばいいか、その理論と実践。グループでの観察実験もあり、みなさん真剣に、ときに笑いとともに楽しく学ばれていました。 第二部では「感情クレイセラピー」と題して、感情のしくみとその活用法を説明しつつ、クレイに含まれるクレイ以外の鉱物のエネルギーを考察し、「スピリチュアルクレイ」を感情的なヒーリングや夢実現に使う方法をお伝えしました。 かんたんな瞑想も交えて、みなさんがクレイからのメッセージを受け取るというセッションも行いました。 ――――― あの~~~、ホンネのホンネを言わせてもらっていいですか? (NOって言われても、勝手に言っちゃいますけど・・・) このクレイセラピー・セミナーの準備って、めっちゃ大変なんですぅ。 それは、理論と結果を結び付けるのに、とてつもない時間(情報収集→仮説構築→実験→考察の繰り返し)と、さらにインスピレーションが必要だから。 もともとはフランスで伝統的に伝えられてきた自然療法だけど、いま、いちばんクレイセラピーの研究が進んでいるのは間違いなく日本です。 ICA国際クレイセラピー協会ほどに科学的、かつ実践的な観点から研究しているところって、世界じゅう探してもどこにもないだろうと思います。 つまり、私としては、どっかから簡単にコピペできるようなお手軽ネタは、どこにもころがっていない!ってことなんです。 それだけ最先端のクレイセラピーを勉強し、実践してされているICA会員・クレイセラピストさんたちにお伝えするセミナーですので、世界にまだ存在しない新しい理論やアイデアをお届けしなければ! ↑そんなふうに思わなくてもいいのかもしれないけど、自分で勝手にハードル上げてます(笑) 同じネタの繰り返し利用ではなく、新しいネタを探してきて、それをおいしい料理に仕上げるには、時間もエネルギーも必要です。 与えられた課題をコツコツやればいいってもんでもなく、どこを掘り起こせばおいしいネタが出てくるか、そこからして探し出さなければならないわけで。そのインスピレーションは、知識と経験と好奇心なくしては降りてきません。 これだ!ひらめいた!と思って取り組んだ課題から答えが出てくるとも限らず。 探求途中でボツになるものも多々あり。(涙) 途中ですごい発見して「きゃー」って興奮しても、うれしそうにSNSにアップできないし(笑)   う、う、産みの苦しみーーー の末に、出来上がったセミナーなのです。   まあ、私が今までやってきたこと、全部ソレっていえばソレなので、得意は得意なんでしょうね。 ビジネスって、そもそも、そういうものだしね。 でも、すごいエネルギー要るの! 根気のいる長期戦だし! インスピレーションだし! 毎回チャレンジなの! 要するに、ねぎらってほしいのか、同情してほしいのか・・・ うーん、それも正直あるけど、それだけ精魂こめてますので、  やっぱり「活用してほしい」です! ――――― でも、セミナー当日はとっても楽しいんですよ。 準備しまくって積み上げてきたことをお伝えする。これはもう、天職。喜び。 ちなみに、大勢の前でお話することにはまったく抵抗なく、緊張もしません。 「えっとこれ、日本語で何て言うんだっけ?」なんてことがあっても、余興のうちだと思ってる(笑) (かえって、1対1の初対面のほうが緊張します。。。) そして、クレイセラピー大好きなみなさんにお会いできることも楽しみのうちです。 目をきらきら輝かせて、吸収するように聞いてくださる参加者のみなさん、 その後、その情報を活用してくださる先生方やセラピストさんの様子を拝見すると、 またがんばろう!っていう気持ちが湧いてくるのでした。   ――――― それと、もうひとつ! 忘れてはならないのは裏方のみなさん。 毎回、このクレイセラピーセミナーが満員御礼で、スムースに開催できるのは、とても気の利く働き者のICA事務局スタッフさんたちのおかげなのです。 なんてすばらしいお仕事をされていらっしゃるのでしょう。 いつもありがとうございます。…

Continue Reading クレイセラピー最先端

ネイチャー・ワンダーランドの旅

ゴールデンウィーク、みなさんいかがお過ごしですか? もうすぐ平成から令和へと年号が切り替わりますね。 私たち福島ファミリーはこの切替タイミングのちょっと前に、家族旅行に行ってきました。 行き先は、ネイチャー・ワンダーランド=ニュージーランド! オーストラリアからだと飛行機で3時間程度と近いのですが、私以外の家族は行ったことがなかったのです。 私にとっては、遠い昔、バブリー時代に「海外出張」という名目でめっちゃ楽しませてもらった思い出と、その後、国際結婚前に両親を連れてのドライブ旅行で大変だった思い出の2つが交錯する国です。 (両親連れての旅は、プランからツアコン、ドライバー、ナビ、通訳まで一人で背負い込むので、けっこう疲れました・・・) ツインガールズは18歳、親よりボーイフレンドと過ごしたい年頃。 「きっとこれが最後の家族4人旅行になるね」ということで、ボーイフレンドを置いてけぼりにして、決行いたしました(笑)。 ガールズの大学の講義のあいまを縫ってのスケジュールなので、10日間と短めです。 北島ではキャンピングカーで気ままに温泉めぐりです。 予約するのが遅かったので、ゲットできたのは、こんな小さなキャンピングカー。 なんと、トヨタ・ハイエースだよ。 キッチン付きで、大人4人寝られるのですが、超せまい! さらに、外は寒いから、夜は出たくない! 家族4人がお互いに気配りしながら、狭い空間で過ごしたのも、いい思い出になりました。   北島は地熱ワンダーランド。 「ここ掘れワンワン」で、砂を掘ったら温泉が出てくるビーチとか、 「どうしたら、こんな色になるの?」という自然池とか、 温泉と混ざって、いい湯加減の川とか、 洗剤入れると噴出する間欠泉とか、 湯気モコモコあげてるところが、あちこちにあります。 「マッドバス(泥風呂)」って書いてある、「やった~、天然クレイバスに入れるんだ~!」と喜んでいったら、ボコボコに沸騰してました(爆)。 仕方なく、クレイバスに入れるスパ(?)施設を見つけたのですが、 入場料は高いわ、 クレイは若いスメクタイト系で刺激強すぎだわ、 硫黄の含有量高すぎて目が開けられないわ、 ・・・で、クレイセラピストとしましては、かなりガッカリでした(笑) その後、山間のひなびた温泉キャンピング場、みたいなところを見つけましたが、そこのお湯はすばらしかったです。 25メートルプールから、岩庭園みたいにデザインされた日本の露天風呂ばりの立派なお風呂まで、たくさんのプール(お風呂)があって、温度も38度から40度を超えます。 (海外の温泉ってたいていぬるすぎなのですが、40度超えてくれるとうれしい。日本人好みですね) ここは湧き出る湯量が豊富すぎて、「源泉かけ流し」は当たり前。そのうえ、毎日すべてのお湯を排水して、イチから溜めなおすのだそう。 なんて贅沢な! 温泉ハシゴで忙しく、温泉の写真が一枚もないのですが、ココは本当におすすめでした。 (ただし宿泊施設はキャンピングカー用のサイトがちょっとあるだけ) このあたりは、地球の地殻が薄いそうで、マグマとの距離が近いから、ボコボコだったりモクモクだったりポカポカだったりするようです。 移動中にはこんな美しい風景も。 オーストラリアも自然パワフルで美しいけど、ニュージーランドの自然はまた味が違いますね。 透明感あふれる繊細な自然。   こんな絶叫系アクティビティも楽しみました♪ さんざん温泉入りまくって、最後のほうは「おなかいっぱい」 さらに、狭い空間に4人が暮らすキャンピングカーも、ストレスが溜まってきたところで、 飛行機で南島に移動。 南島では広くてすてきな一軒家に泊まり、氷河やフィヨルド・クルーズなど、いかにも観光ルートを楽しみました。 このあたりの湖って、みんなこんな感じで、緑がかったターコイズ色をしています。 氷河で削られた岩の粉が水に浮遊して、太陽光に反射するためだそうです。 自然って、不思議ですね~。 最終日は、フィヨルド・クルーズへ。…

Continue Reading ネイチャー・ワンダーランドの旅