クレイセラピー最先端

今年もICA国際クレイセラピー協会さん主催の クレイセラピー・セミナーが行われました。 ICA理事は数年前に引退しておりますが、その後も年に1回ほど、私、福島麻紀子がセミナー講師を勤めさせていただいております。 ――――― 第一部では「新種のクレイ タイプ別活用方法」と題して、クレイセラピーを勉強する人にとって知っておきたい実践的な内容をお届けしました。 オーストラリア産のクレイを中心とする、新しいクレイの特徴、分析データを使いながら、どのようにレシピを組み立てていけばいいか、その理論と実践。グループでの観察実験もあり、みなさん真剣に、ときに笑いとともに楽しく学ばれていました。 第二部では「感情クレイセラピー」と題して、感情のしくみとその活用法を説明しつつ、クレイに含まれるクレイ以外の鉱物のエネルギーを考察し、「スピリチュアルクレイ」を感情的なヒーリングや夢実現に使う方法をお伝えしました。 かんたんな瞑想も交えて、みなさんがクレイからのメッセージを受け取るというセッションも行いました。 ――――― あの~~~、ホンネのホンネを言わせてもらっていいですか? (NOって言われても、勝手に言っちゃいますけど・・・) このクレイセラピー・セミナーの準備って、めっちゃ大変なんですぅ。 それは、理論と結果を結び付けるのに、とてつもない時間(情報収集→仮説構築→実験→考察の繰り返し)と、さらにインスピレーションが必要だから。 もともとはフランスで伝統的に伝えられてきた自然療法だけど、いま、いちばんクレイセラピーの研究が進んでいるのは間違いなく日本です。 ICA国際クレイセラピー協会ほどに科学的、かつ実践的な観点から研究しているところって、世界じゅう探してもどこにもないだろうと思います。 つまり、私としては、どっかから簡単にコピペできるようなお手軽ネタは、どこにもころがっていない!ってことなんです。 それだけ最先端のクレイセラピーを勉強し、実践してされているICA会員・クレイセラピストさんたちにお伝えするセミナーですので、世界にまだ存在しない新しい理論やアイデアをお届けしなければ! ↑そんなふうに思わなくてもいいのかもしれないけど、自分で勝手にハードル上げてます(笑) 同じネタの繰り返し利用ではなく、新しいネタを探してきて、それをおいしい料理に仕上げるには、時間もエネルギーも必要です。 与えられた課題をコツコツやればいいってもんでもなく、どこを掘り起こせばおいしいネタが出てくるか、そこからして探し出さなければならないわけで。そのインスピレーションは、知識と経験と好奇心なくしては降りてきません。 これだ!ひらめいた!と思って取り組んだ課題から答えが出てくるとも限らず。 探求途中でボツになるものも多々あり。(涙) 途中ですごい発見して「きゃー」って興奮しても、うれしそうにSNSにアップできないし(笑)   う、う、産みの苦しみーーー の末に、出来上がったセミナーなのです。   まあ、私が今までやってきたこと、全部ソレっていえばソレなので、得意は得意なんでしょうね。 ビジネスって、そもそも、そういうものだしね。 でも、すごいエネルギー要るの! 根気のいる長期戦だし! インスピレーションだし! 毎回チャレンジなの! 要するに、ねぎらってほしいのか、同情してほしいのか・・・ うーん、それも正直あるけど、それだけ精魂こめてますので、  やっぱり「活用してほしい」です! ――――― でも、セミナー当日はとっても楽しいんですよ。 準備しまくって積み上げてきたことをお伝えする。これはもう、天職。喜び。 ちなみに、大勢の前でお話することにはまったく抵抗なく、緊張もしません。 「えっとこれ、日本語で何て言うんだっけ?」なんてことがあっても、余興のうちだと思ってる(笑) (かえって、1対1の初対面のほうが緊張します。。。) そして、クレイセラピー大好きなみなさんにお会いできることも楽しみのうちです。 目をきらきら輝かせて、吸収するように聞いてくださる参加者のみなさん、 その後、その情報を活用してくださる先生方やセラピストさんの様子を拝見すると、 またがんばろう!っていう気持ちが湧いてくるのでした。   ――――― それと、もうひとつ! 忘れてはならないのは裏方のみなさん。 毎回、このクレイセラピーセミナーが満員御礼で、スムースに開催できるのは、とても気の利く働き者のICA事務局スタッフさんたちのおかげなのです。 なんてすばらしいお仕事をされていらっしゃるのでしょう。 いつもありがとうございます。…

Continue Reading クレイセラピー最先端

ヘルシー・マジック ~ピンクのお塩(マレーリバー・ソルト)のナチュラルパワー

みなさんは、おうちのお料理や食卓に、どんなお塩をお使いですか?   「食塩」として販売されているお塩は、高度に精製されていて、99.9%以上が塩化ナトリウムです。 お値段はお手頃ですが、こればかりを使っていると、塩気を感じる味覚が鈍化して、塩分取りすぎになる可能性があります。。。 これに引き換え、天然のお塩にはミネラル分が含まれるので、よりヘルシーだと言われます。 もちろん、主成分が塩化ナトリウムであることには変わりありませんから、摂りすぎはいけません。 ですが、ミネラル分豊富な天然のお塩には明らかにいくつかのメリットがあります。   1)不足しがちなミネラル分が摂取できる! 天然のお塩には、塩化ナトリウム以外に、さまざまなミネラル分が含まれます。 特に、マグネシウム成分は「にがり」と呼ばれ、現代人に不足する必須ミネラル・ナンバーワン! そのほか、カルシウム、カリウム、鉄など、不足しがちな必須ミネラルが含まれています。   2)味がまろやかで、美味しい! 塩化ナトリウムばかりの精製された食塩は、舌に乗せると、シャープな塩気、塩からさを感じます。 ところが、天然のお塩は、その刺激がまろやかなのです。 さらに、「こく」や「まろみ」「うまみ」など、より洗練された味がするので、美味しく感じます。 そして、塩気以外の微妙な味を味わうことで、味覚が磨かれます。   3)素材の味を引き出してくれる! 複雑なミネラル分構成のせいか、単なる塩味ではないため、素材そのものの味を引き立たせてくれます。 野菜、お魚、お肉など、どんな素材にも合います。 味付けはお塩のみでもOKなくらい、シンプルにおいしくいただけるのです。   ※ソースやケチャップ、ドレッシング、たれなどの市販調味料に含まれる「隠れ砂糖」の健康被害が深刻化しています。 市販の調味料はなるべく使わず、シンプルな味付けで美味しくいただけることが、長期的な健康にもつながります。   ▼天然のお塩、どれがいいの? いまどきは自然塩、天然塩と称した商品がたくさん出回っていて、どれがいいのかよく分からなくなります。 昔ながらの製法で丁寧に塩田から釜焼きで取り出されたお塩もいいでしょうし、ヒマラヤ岩塩も有名なところでしょう。 しかし、いくら職人さんがこだわって丁寧に精製しても、海水そのものが汚染されていたら・・・   ヒマラヤ岩塩はパキスタンの鉱山からブルドーザーのような大型機で削って取り出されるものです。 砂、石など異物が混じりやすいため、塩だけを分けるために精製されます。 地元では環境破壊の問題も心配されていますし、二酸化炭素排出など地球温暖化にもマイナスの影響がありそう。   そういう次第で、イー・コンセプションでは「マレーリバー・ソルト」をご紹介しています。 オーストラリアの「マレー川」河岸底に流れる天然の塩水から、天日干しによって結晶化したものです。 広大な土地にわずかな人口しかないオーストラリアのアウトバック(奥地)ですから、汚染のされようがありません。 ピュアな環境で、地球が作り出したミネラルたっぷりのお塩なのです。   今までいろいろな天然塩を試しましたが、マレーリバー・ソルトはどのお塩よりも味がまろやか。 仕上げにちょこっと加えるだけで、高級レストランの上品な味に変身します。   たとえば・・・ 生野菜にパラパラかけるだけで、おいしいサラダに早代わり。 お好みで、オリーブオイルや亜麻仁油(オメガ3たっぷり)をかけたり、レモンを絞ってもGood。 美味しくて、やめられない、とまらない。 義務感からではなく(笑)、美味しくてついつい食べてしまうのです。 山盛りの生野菜サラダ、めっちゃヘルシー♪…

Continue Reading ヘルシー・マジック ~ピンクのお塩(マレーリバー・ソルト)のナチュラルパワー