布マスクの除菌&洗い方

お客様からのご質問: ティーツリー精油に抗ウィルス作用があるとと聞きました。 コロナ予防でマスクを洗っていますが、ハイター(漂白剤)だとハイター臭がすごいので、アロマで除菌できないかと思っています。 どれくらいの水に精油を何滴たらしたら良いのか、そういったところ、おわかりになるようなら教えていただけると嬉しいです。 ***** イーコンセプションからの回答: いつもイーコンをご利用いただき、 どうもありがとうございます♪ このたびは、抗ウイルスのアロマについて お問い合わせをいただき、ありがとうございました。 > ティーツリーが抗ウィルスだと聞きました。 > 洗面器半分くらいの水に何滴たらしたら良いのか お察しどおり、アロマセラピーで使われる精油は、ウイルス除菌に最適です。 まず、どのようなマスクを使われているか?にもよるのですが、 もし不織布マスクでしたら、水洗いはキケンです。 フィルターが壊れてしまうので、 「消毒用マスクスプレー」にしたほうがいいです。 夜寝る前に、スプレーを外側からかけて、一晩放置していただくだけで、OKです。 —– 手作りマスクなど、布製のマスクを水で洗う場合は、 「消毒用ムーンウォッシュ」をお勧めします。 ティートリー精油の他、抗菌作用のある精油が含まれております。 ふつうの精油と違って、水に溶けますので、一部に付着することなく、抗菌成分を均一に拡散できます。 80℃のお湯 100mlに対して、ムーンウォッシュ8滴を落として よく混ぜ、そこに布製マスクをつけおきすれば ウイルス殺菌になります。 お湯が自然とぬるくなって、手洗いできるようになったら 搾って干してください。 日光にあてて乾燥できると、さらにUV(紫外線)殺菌効果も得られます。 以上、ご参考になれば幸いです。

Continue Reading 布マスクの除菌&洗い方

コロナの行方とマスク事情

今週はじめに、イーコン動画『どうなる?!コロナウイルスの行方』を配信しました。 オーストラリアはじめ、ヨーロッパや英語圏の情報を仕分けて説明していますので、まだご覧になっていない方はチェックしてみてください。 その直後からも、どんどん新たなニュースが入り、状況は刻々と変わってきています。 世界の感染者数はうなぎのぼりです。 ****** 日本でも、突然の休校や自宅勤務措置の余波を受けて生活が変わってしまった人は多いでしょう。 でも、安倍首相が「東京オリンピックは予定どおり開催」と言い張っている以上、日本ではさほどの緊張感はもたらされないのかもしれません。 こちらオーストラリアはピリッピリッしています。 この1週間ほどで新たな感染者数が急激に増えています。 その数字はまだ日本よりは少ないですが、ちょうどヨーロッパ各国の感染拡大の1~2週間後追いしているような状況です。 オーストラリアは移民国家で、ヨーロッパからの移民も多くいます。そのヨーロッパ各国が「封鎖」を行いはじめた時点で、「オーストラリアもやがて封鎖するかも」と先読みする人が出てくるのも不思議はない。封鎖された国内情報を、家族や親せきから直接聞けるのですから…。 買い占めに走りたくなるのも、分かります。 そういうわけで、オーストラリアのスーパーは、野菜類をのぞき、棚が空っぽです。 トイレットペーパー、ティッシュペーパーはもちろん、缶詰、パスタ、米、小麦粉、ロングライフ牛乳、冷凍食品など備蓄品は、朝イチで駆け付けないと入手できません。お肉も冷凍しておけばいいと考えるのでしょう、高価なもの以外は早々に消えます。 そういった商品はお一人様1個、または2個までの制限がかけられています。ひき肉のトレイまでお一人様2個制限。。。ってことは買いだめしている人が多いのですね。その制限は1回の清算につき、なので、再度列に並んで買う人もいます。 日本ではトイレットペーパー騒動はありましたが、今は売り場に戻っているところが多いようですし、食料品の争奪戦までは起きていないですよね? でも、こんな状況が遅かれ早かれ、日本にも来るのかもなあと予測しています。 日本は検査数が少ないので。。。これから検査キットが広げると、実際の感染者数が増えてくるかもしれないですね。。 それとも、もしかしたら、休校や自宅勤務措置が功を奏して、感染スピードが緩やかになっているのかもしれない。 でも、それだけじゃない気がします。 こういうとき、日本人の集団メンタリティは最強★ まわりの目を気にして、「要請」なのに、まるで「命令」されたかのように自己抑制かけます。 「中止する必要あるか~?」と思うようなことも、きっちり「中止」します。 そして、まじめに手洗い、うがいをします。 全国一丸となってウイルス対策に取り組んでくれます。 この国民性、ほんと素晴らしいです。   (個人主義の国々は、「お上の言うことなんて聞くか~?」という自己主張の強い人たちがけっこういるので、手洗いしろってのに無視してたり、体調悪かったら外出するなっていうのに、ゲホゲホ咳しながら歩いていたりしますから。。。) * そして、マスクです。 日本人はマスク大好き。 花粉症や原発事故もあり、コロナのずっと前からマスクをして街を歩く人がたくさんいましたから、ぜんぜん違和感ないですね。 しかし、ここへきて、深刻なマスク不足。 今回の新型コロナウイルスは日本だけじゃなくて、世界的に感染が広がっているので、世界中でマスクが不足しています。 オーストラリアでも医療機関が使うマスクが不足してしまい、他業界からもマスクを集めているそうです。 そして、ほとんどの国では 「健康な人はマスクをしないでください!」 「マスクは医療従事者と、病人がつけるものです」 と叫ばれています。 オーストラリアでもマスクしている人は滅多に見かけませんし、マスクなんかしていたら感染者扱いされそうで、逆にコワイくらい。 なので、現状、オーストラリアでもマスクを入手するのは困難です。 イーコンセプションでは先週くらいまで、「N95マスク」を販売していましたが、こちらも完売。再入荷なし。 ですが、 日本の感染スピードが落ちているのは、みんながマスクをしているせいもあるかもしれない、と思うんですよね。 N95(あるいはP2)仕様でもなければ、ふつうのマスクは「ウイルス素通り」です。 でも、マスクをつけていれば、少なくとも手についたウイルスを鼻や口に直接運んでしまうことを防いではくれます。 市販の使い捨てマスクが市場から消えたことで、手づくりマスクを作って使う人が増えてきたのも、よかったのではないかと思います。   日本ではウイルス対策だけではなく、花粉症で苦しむ方たちがマスクを必要としていますよね。。。 そこで、このマスク不足のお役に立てないか?と、あちこち手を尽くした結果…

Continue Reading コロナの行方とマスク事情

マスクは安全リサイクル!

マスク不足解消法! 新型コロナウイルス感染の広がりが心配されるなか、深刻なマスク不足が日本中、いや世界中を混乱させているようです。 パニック時のトイレットペーパー争奪戦は日本の専売特許(?!)かと思っていましたが、ここオーストラリアでも起きているところがあるそうで、びっくりです。 アジア人口が少ないこのレッドランドでもマスクは入手しにくくなっています。   マスク不足の日本に、少しでもマスクを送って差し上げようと探したところ、ほとんどが売り切れ。 特に、使い捨ての平たくて薄いサージカル・マスク系はまったく売っていません。 ようやく手に入れたのは、 医療機関でも使えるような高品質のN95マスク。 これはウイルスレベルの小さな粉塵も逃さずキャッチしてくれます。 (正確には、0.3ミクロンの粒子を95%以上遮断する) ご存知かと思いますが、ふつうのマスクでは 【 ウ イ ル ス 素 通 り 】 なのです。 みんな必死にマスク、マスクっていうけど、ウイルス予防にはなってない。 (自分の手についたウイルスを、無意識のうちに口や鼻の粘膜に触れさせない、という意味では予防にはなりますが) 「くしゃみや咳などによる飛沫感染を防止するため、感染した人はマスクをつけましょう!」 って言われてますが、ふつうのマスクじゃ、それすら完全には避けられないんです。 (マスクしていれば飛沫が散乱する範囲が限られるという意味はありますが、ウイルスは通れるんだからね…) * だから、完全にウイルス遮断したいなら、N95の品質が望ましい。 ちょっと大げさに見えるかもしれないけど、本気でウイルス予防したいなら、これしかないんです! * 入荷できる数は限られていたのですが、少しでもお役に立てればという気持ちで 動画「マスク&アロマスプレーで安全リサイクル」をつくり、販売をはじめました。 ※オーストラリアから送るので、仕入れ値も高いし、送料もかかるしで、この値段でも苦しいところ。 でも、ほんとに品質はよいものなので、 これ使い捨てしてほしくないんです。 リサイクルして使ってほしい! でも、 「マスクはリサイクルしたらキケン、ウイルスが付いてるし!」 などと言われるので、 「消毒用マスクスプレー」をお付けしてお届けすることにしました。 * もうこれ、日本だけじゃないんです。 世界中がマスク不足で悲鳴あげているんです。 そんな状況で、ペラペラの紙みたいなマスク、使い捨てしている場合じゃないんです! * しっかりしたマスクを使い、消毒してリサイクルするのが一番なんです。 (医療機関や感染者に近いところでお仕事されているみなさまは、リサイクルしないでくださいね。あくまで一般向けのご提案です) * もっとも 「わたしはウイルス感染なんて心配していません」とか 「効果はどうあれ、マスクさえあれば安心なので」とか 「ウイルス予防よりも、ファッション性を重視します」とか そういう方はいいのですよ。 * 手作りマスクでも、ウイルスを予防する力はありませんが、 手についたウイルスを口や鼻に無意識のうちに付けてしまう、というリスクからは予防できますから。  …

Continue Reading マスクは安全リサイクル!

ウイルス予防のマスクに使うアロマ、どの希釈法がベスト?

マスクに精油、どう薄める? 新型コロナウイルスやインフルエンザなどのウイルス予防に、マスクに精油をつけて使う方が増えているようです。 しかし、精油原液をそのままマスクにつける方法は刺激が強すぎて危険。副作用も心配されます。。。(というお話を「花粉症」の動画で説明しました) マスクに使うときは、精油を薄めてくださいね! では、マスク用には、どのように精油を希釈するのがよいのでしょうか? そこで実験☆ 精油原液、エタノール、水、キャリアオイル(植物油)、アクアアロマ(乳化剤に希釈したもの)で比較実験してみました。 結果は、、、 1)やっぱり精油原液は強すぎ 2)キャリアオイル(マカダミアオイル)に精油を希釈したものがベスト:心地よく、皮膚刺激もなく、揮発しにくく長持ちする。 3)アクアアロマ(乳化剤で精油を乳化した水に溶ける精油)そのままもなかなかよかった。(でも精油濃度が高いので、勿体ないかも…) 4)エタノールに精油を希釈したものは、香り弱めで、時間が経つと揮発してしまう。 5)水にアクアアロマ(水溶性の精油)で希釈したものは香り弱すぎ。   この実験結果がご参考になれば幸いです~! ☆アクアアロマ(水溶性の精油)「リフレッシュ」 ☆マカダミアオイル ☆イーコンセプションのピュア精油  詳しくは、こちらの動画をご覧くださいね~! *** *** ★イーコンセプションのYouTubeチャンネルはこちらから↓ 役立つ情報をお届けしていますので、ぜひご登録くださいね☆

Continue Reading ウイルス予防のマスクに使うアロマ、どの希釈法がベスト?