コロナの行方とマスク事情

今週はじめに、イーコン動画『どうなる?!コロナウイルスの行方』を配信しました。 オーストラリアはじめ、ヨーロッパや英語圏の情報を仕分けて説明していますので、まだご覧になっていない方はチェックしてみてください。 その直後からも、どんどん新たなニュースが入り、状況は刻々と変わってきています。 世界の感染者数はうなぎのぼりです。 ****** 日本でも、突然の休校や自宅勤務措置の余波を受けて生活が変わってしまった人は多いでしょう。 でも、安倍首相が「東京オリンピックは予定どおり開催」と言い張っている以上、日本ではさほどの緊張感はもたらされないのかもしれません。 こちらオーストラリアはピリッピリッしています。 この1週間ほどで新たな感染者数が急激に増えています。 その数字はまだ日本よりは少ないですが、ちょうどヨーロッパ各国の感染拡大の1~2週間後追いしているような状況です。 オーストラリアは移民国家で、ヨーロッパからの移民も多くいます。そのヨーロッパ各国が「封鎖」を行いはじめた時点で、「オーストラリアもやがて封鎖するかも」と先読みする人が出てくるのも不思議はない。封鎖された国内情報を、家族や親せきから直接聞けるのですから…。 買い占めに走りたくなるのも、分かります。 そういうわけで、オーストラリアのスーパーは、野菜類をのぞき、棚が空っぽです。 トイレットペーパー、ティッシュペーパーはもちろん、缶詰、パスタ、米、小麦粉、ロングライフ牛乳、冷凍食品など備蓄品は、朝イチで駆け付けないと入手できません。お肉も冷凍しておけばいいと考えるのでしょう、高価なもの以外は早々に消えます。 そういった商品はお一人様1個、または2個までの制限がかけられています。ひき肉のトレイまでお一人様2個制限。。。ってことは買いだめしている人が多いのですね。その制限は1回の清算につき、なので、再度列に並んで買う人もいます。 日本ではトイレットペーパー騒動はありましたが、今は売り場に戻っているところが多いようですし、食料品の争奪戦までは起きていないですよね? でも、こんな状況が遅かれ早かれ、日本にも来るのかもなあと予測しています。 日本は検査数が少ないので。。。これから検査キットが広げると、実際の感染者数が増えてくるかもしれないですね。。 それとも、もしかしたら、休校や自宅勤務措置が功を奏して、感染スピードが緩やかになっているのかもしれない。 でも、それだけじゃない気がします。 こういうとき、日本人の集団メンタリティは最強★ まわりの目を気にして、「要請」なのに、まるで「命令」されたかのように自己抑制かけます。 「中止する必要あるか~?」と思うようなことも、きっちり「中止」します。 そして、まじめに手洗い、うがいをします。 全国一丸となってウイルス対策に取り組んでくれます。 この国民性、ほんと素晴らしいです。   (個人主義の国々は、「お上の言うことなんて聞くか~?」という自己主張の強い人たちがけっこういるので、手洗いしろってのに無視してたり、体調悪かったら外出するなっていうのに、ゲホゲホ咳しながら歩いていたりしますから。。。) * そして、マスクです。 日本人はマスク大好き。 花粉症や原発事故もあり、コロナのずっと前からマスクをして街を歩く人がたくさんいましたから、ぜんぜん違和感ないですね。 しかし、ここへきて、深刻なマスク不足。 今回の新型コロナウイルスは日本だけじゃなくて、世界的に感染が広がっているので、世界中でマスクが不足しています。 オーストラリアでも医療機関が使うマスクが不足してしまい、他業界からもマスクを集めているそうです。 そして、ほとんどの国では 「健康な人はマスクをしないでください!」 「マスクは医療従事者と、病人がつけるものです」 と叫ばれています。 オーストラリアでもマスクしている人は滅多に見かけませんし、マスクなんかしていたら感染者扱いされそうで、逆にコワイくらい。 なので、現状、オーストラリアでもマスクを入手するのは困難です。 イーコンセプションでは先週くらいまで、「N95マスク」を販売していましたが、こちらも完売。再入荷なし。 ですが、 日本の感染スピードが落ちているのは、みんながマスクをしているせいもあるかもしれない、と思うんですよね。 N95(あるいはP2)仕様でもなければ、ふつうのマスクは「ウイルス素通り」です。 でも、マスクをつけていれば、少なくとも手についたウイルスを鼻や口に直接運んでしまうことを防いではくれます。 市販の使い捨てマスクが市場から消えたことで、手づくりマスクを作って使う人が増えてきたのも、よかったのではないかと思います。   日本ではウイルス対策だけではなく、花粉症で苦しむ方たちがマスクを必要としていますよね。。。 そこで、このマスク不足のお役に立てないか?と、あちこち手を尽くした結果…

Continue Reading コロナの行方とマスク事情